医師の本棚

30代の男性医師。読んだ本の感想や医療情報、医学部受験のことを思うままに書きます。

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式 10ヶ月 積み立てた結果

米国株の投資信託を毎月定額で10ヶ月積み立て結果を示します。

ここ最近アメリカ株を運用するのが良いといった情報が非常に多いです。この10年はS &P500の連動インデックス投資信託に投資をしていればかなりの資産が増えた10年でした。

YouTube大学の中田さんなんかもバンガード社の案件と誤解されるぐらいにアメリカ株を押していました。

私も2020年2月ぐらい(コロナショック前)から三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式と楽天VTI(米国株式)の積み立てを行っています。それぞれ月々5万円ほどで併せて月に10万円ずつ積み立てています。

アメリカ企業はこれまでの10年と同様に今後も成長するのかなと思っているので私も米国株の投資信託を毎月決まった額の積み立て購入しておりますのでその運用成績を書きます。

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式

具体的な構成比率は以下の様になっています。

トップ10社で約25%を構成しています(2020年11月30日)。

1 APPLE INC 6.0%
2 MICROSOFT CORP  5.2%
3 AMAZON.COM INC 4.3%
4 FACEBOOK INC-CLASS A 2.1%
5 ALPHABET INC-CL A 1.7%
6 ALPHABET INC-CL C 1.7%
7 BERKSHIRE HATHAWAY INC-CL B 1.5%
8 JOHNSON & JOHNSON 1.2%
9 JPMORGAN CHASR & CO 1.2%
10 VISA INC-CLASS A SHARES 1.1%

f:id:doctor-dokusyo:20210111145537j:plain

買付手数料、解約手数料はかからず、信託報酬は0.0968%とほぼ手数料は必要ありません。

運用結果

取得単価は11519

現在の基準単価は13613で、1ヶ月前は13613でした。70万円分購入→82万7258円分に上昇しています。

毎月、月初めに積み立て購入していますが、振り返ると、9月上旬まで右肩上がりに上昇してそのまま基準価額12000円を超えましたが、9月上旬から9月下旬にかけて徐々に低下してきました。

そのまま10月になって持ち直したので9月下旬は買い増しのタイミングだったと言えるでしょう。

11月上旬から大統領選挙の影響で株価が高騰しり、そのまま12月になっても高騰が続いている状況で、今は投資額に約20%程度の運用益が出ています。

11月30日に発表された運用実績を先月の情報と比較すると10月に買い増しされていたGAFAM銘柄が若干減って元の10月以前の比率に戻っています。

 

この1ヶ月でTSLAが急騰しました。

どこかで入りたいとも思いますが、タイミングが難しいし、資金がなかったり、という人は投資信託を購入してはいかがでしょうか。

先月の記事

doctor-dokusyo.hatenablog.com

 

 投信マイレージサービス

投信マイレージサービスは、投資信託の月間平均保有金額に応じてTポイントが貯まるポイントプログラムです。投資信託を買付された月もTポイントを獲得できます。三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式は月間平均保有額に対し年率0.02%になります。75万円程度の保有なので毎月15ポイント程度たまる計算です。

資金にもっと余裕のある人はさらにポイントが貯まります。

積み立てのススメ

コロナショックでアメリカ株が安かった3月、4月、5月にもっとたくさん購入しておけばもっと運用成績が良かったと思われます。しかしコロナショックの時にでも株価がどんどん下がっていく状況で買い増すのは案外難しいです。

そしていざ株価が上がり始めても案外チャンスを逃したと思ってなかなか買い増しできません。それに3月4月は本業が忙しかったりして株を買えなかったりします。

設定だけしてあとは放ったらかしを2020年2月から実践して、積み立て購入は有効だなという印象です。

アメリカ株での現状

特にここ5年から10年ぐらいはアメリカ株に投資をしているとかなり資産を増やすことができました。コロナショックで下がった株価はすでに元に戻っており、現在も経済はアメリカ一強の時代が継続しております。

もちろん今後どうなるかはわかりませんが、いわゆるGAFAMなどに分散してうまく投資をしてみたいと思うなら「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式」は各種手数料もほぼ無料に近い優良な投資信託と言えると思います。

アメリカは現在も人口が増えているし、まだまだしばらくアメリカ株を購入するメリットは大きいと思います。