医師の本棚

30代の男性医師。読んだ本の感想を思うままに書こうと思います。

【漢文】【世界史】三国志

オススメ度:★★★★☆

 著者:横山光輝

読了時間:30時間(1冊20−30分程)

 対象:全般

横山光輝

三国志』で第20回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞しており、最も有名な作品だろう。

歴史漫画のイメージが非常に強いのは私だけでしょうか? 他にも有名なものは『魔法使いサリー』、『鉄人28号』、『項羽と劉邦』なども彼の作品である。

色々な作品が多数あり、手塚治虫が「漫画の神様」と呼ばれたのに対して、歴史漫画に全力を注いだ横山は、同業者や読者から『鉄人28号』にちなんで、「漫画の鉄人」と呼ばれているそうである。

 内容

劉備玄徳が主人公の桃園の誓いのところから、赤壁の戦い諸葛孔明司馬懿仲達との戦いの場面までを60冊を書き上げた歴史漫画の超有名作品である。

作品自体は吉川英治の『三国志』が元となっている。

1971年から1987年の作品であるが、今読んでも全く色褪せない名作であるので、十分におすすめできる。

ゲーム

漫画

 

など、ゲームや漫画も三国志を扱ったものが非常に多い。

きっかけは漫画でもゲームでもなんでもいいと思うが、横山光輝氏の作品は非常にオーソドックスな入り口かと思われる。

 

ちなみに今はやりのキングダムは

 

三国志項羽と劉邦よりも前の時代の作品で、春秋戦国時代の秦の始皇帝の時代の話を扱ったものである。 

キングダムから三国志の時代の時系列などもはっきりさせるのも良いと思う。

 

項羽と劉邦の逸話や三国志の時代の話が日本人に広く知られており、ともすれば一般教養とさえなっているのは横山光輝氏の偉業では、とさえ個人的には思っている。

作品『項羽と劉邦』と合わせて、中国史の勉強や漢文の勉強も兼ねて是非読んでみるといい作品である。

ちなみに受験を意識した場合は項羽と劉邦の方がコスパがいいだろう。

また三国志はマニアがちょこちょこいるので、この部分を漢文で入学試験等で扱われることはほとんどないとは思われるが。

【漢文】【世界史】項羽と劉邦

 オススメ度:★★★★☆

著者:横山光輝

対象:受験を控えていない中学、高校生、大人

中古版はこちら項羽と劉邦 [文庫版] 全巻セット(1-12巻 全巻)/横山 光輝/潮出版社

横山光輝

三国志第20日本漫画家協会賞優秀賞を受賞しており、最も有名な作品だろう。

歴史漫画のイメージが非常に強いのは私だけでしょうか?

他にも有名なものは魔法使いサリー』、『鉄人28号』なども彼の作品である。

色々な作品が多数あり、手塚治虫が「漫画の神様」と呼ばれたのに対して、歴史漫画に全力を注いだ横山は、同業者や読者から『鉄人28号』にちなんで、「漫画の鉄人」と呼ばれているそうである。 

項羽と劉邦について

司馬遷史記が基となって、今に伝わっているとされている。

項羽と劉邦の2人の主人公が覇権を争う話である。

鴻門の会の場面は非常に有名で高校の漢文の教科書に掲載されている。

四面楚歌の由来もこの話である。

 

秦の時代から漢の時代に移り変わる頃の時代。

まだ新品が発刊されていることに驚き。

 

漫画自体がすごく面白いので、下らない漫画を読むなら、この漫画の方がよっぽど面白いので、漫画が好きな人は是非とも読むべきだろう。

大人になってから読んでも全然いいと思う。

そもそも項羽と劉邦の話は一般教養として知っておくべきである。

漢文、世界史

しかも、この漫画を読んでおくと、漢文で鴻門の会の場面を扱った場合は楽勝である。

他にも、中国史ではこの場面は絶対に間違えることはなくなるだろう。

中間、期末テストや受験の時にちょっとだけ役に立つと思うので、どうせ漫画を読むなら横山光輝の漫画を読んではいかがでしょう。

三国志はvolumeがすごいので、試験や受験も意識したいならまずは『項羽と劉邦』から読むと良い。

面白いと思えば、是非三国志(全30巻セット) (潮漫画文庫) [ 横山光輝 ]

中古版 【限定激安クーポン】三国志 (1-60巻 全巻)漫画全巻セット【中古本】【中古】afb【全巻セット】【全巻漫画】

まで読むと良い。

 

【化学】重要問題集(化学)

オススメ度:★ ★ ★ ★ ☆

対象:二次試験で化学が必要な受験生

物理、化学。もしくは生物、化学。のどちらにせよ、化学は必須になる。

よって、化学は避けられない受験生は多いと思われる。

 

化学は、物理ほどはセンスが必要になることはないだろう。

よって、化学は努力が報われやすい科目だと思われる。

 

化学の重要問題集も物理の重要問題集と同様に、初級レベルの問題から、難関大学の二次試験の問題レベルまで解ける様に編集されている。

doctor-dokusyo.hatenablog.com

 

ちなみに、私の場合は高校の授業が非常に分かりにくかったので、予備校の授業で理解して予備校のテキスト+重要問題集で化学を固めました。

重要問題集を独学でマスターできる人は少ないと思うので、化学は予備校の授業で基礎固めして、最終的に重要問題集を繰り返し解き直しました。

 

なお、You Tubeで化学を解説する動画があるので、ピンポイントで見るのはいいかと思われます。本当にいい時代になったものだと思う。

 


【高校化学】気体の溶解度(ヘンリーの法則)【理論化学】

 

ヨビノリたくみ氏の短い動画では、マスターするのは難しいと思います。

使い方としては、自分で色々勉強してみて、自分の中で分からないところをはっきりさせた後に読むと理解の手助けになるのではないでしょうか。

【医学部】センター試験 願書

願書をどこに出すか?

非常に難しいところです。

 

センター試験が予定通りの人(90%程度)

センター試験がうまくいくと喜んで願書を出せるので、非常に良い。

早く願書を出して、二次試験対策を早くに始めるといいでしょう。

願書の集まり具合などがある程度オープンにされてしまうので、自分の受ける大学が今年の倍率はどのぐらいか?

気になって勉強が捗らない気持ちも分かりますが、いい気持ちで勉強をスタートできると思われます。

 

予想以上にうまく言った人(95%以上)

旧帝国大学の場合は、その人の学力にもよりますが、センター試験だけでは逃げきれず、二次試験のちょっと凝った問題もきちんと解答できないと合格できないので、楽勝とは思わない方がいいと思います。旧帝の人はほとんどが9割以上なので、多分数学1問分も有利にならないでしょう。

 

地方国公立を受験する場合は教科書レベルの問題も多数あって、逆転するにも問題が簡単過ぎて逆転のチャンスが少なくなるので、センター逃げ切りを考える上で、かなり有利かと思われます。

センター試験がうまく行き過ぎてしまうと、勝ちを確定したい欲に負けて、センターにちょっとでも有利なところに願書を出したくなってしまいます。それも一つかと思いますが、油断禁物。

医科大学系は、問題が難しいので、逆転もまだあり得る。

医者になった後でも地方国公立を卒業した場合はどの大学でも扱いは大して変わらないので、受験に有利なところに願書を出すのも一つではないだろうか?

 

 

地方の国立の場合は、例えば奈良医大和歌山県立医科大学広島大学愛媛大学、それぞれ全く差はないと思います。

地元以外の国立を受けるなら、正直どこでも一緒だと思うので、有利なところに願書を出すことを個人的にはお勧めします。

地方の国立の医学部は、大体どの大学を選んでも、同じ様な高校時代を過ごした人が集まってくるし、6年も住めばその地域に馴染みます。

あの県は嫌だ、とか言わずにどの県でも楽しむつもりで受験するのが良いでしょう。

ただし、センター試験95%でも、地方の国立大学の問題なら、ミスを連発したら不合格になるので、油断は禁物。

 

センター試験失敗(86%以下)

今年はどうかは分からないが、この点数では二次で逆転をしないといけなくなります。

二次力に自信が無ければ、私立でも大丈夫か?

親と相談しましょう。奨学金制度などもあるので、両親ともに調べる必要があります。

地方の国立大学と私立では、やはり学費の面でも有利なのは当然。

国立と私立の場合は、医者になった後で、就職時に不利とは言わないですが、そういう見られ方をします。

少しチャラチャラしていると、やっぱり私立卒だし、とか勉強が不足していると舐められやすいの少し感じなくもないです。

人事の面で不利というほどではないですが、論文の数などは傾向として国立出身の方がコツコツ書いている人が多い気がします(独断)。

もちろん、私立でも慶應は別格。阪大京大落ちの大阪医大、みたいな例もたまにあるので一概には言えないですが。

 

センター試験大失敗(82%以下)

よほど自信がないと希望通りの大学に願書は出せないかと思われる。

ちょっとでも傾斜配点が有利で、難易度の低そうな大学に願書を出しても、分が悪い。

私立大学も考えましょう。

二次でも合格できるか微妙なレベルなら、実質はほぼ諦めるレベルです。

 

私の体験談

私の二次学力は旧帝大はいい時でB判定ぐらい、防衛医大補欠合格ぐらいでした。

要はよくいるありふれたレベルと思われる。

センターがうまく行けば(90%程)旧帝諦めて普通の地方国立なら多分いけるだろう、ぐらいに自己分析しておりました。

 

当日は87%。

数学、理科はほぼ満点でしたが、国語と英語で失敗しました。

センター試験はやや失敗したと思いましたが、この失敗のパターンなら、願書を出せるところを探せば案外見つかるので、合格率重視で、地域にはこだわらずに願書を出して合格しました。

 

地方の国立を卒業しましたが、医師で一番多いのは地方国立を卒業した人が一番多くなります。

大学としては並、となってしまいますが、あとは医師になってからどれだけ頑張るかだと思います。

地方なら、どの地域でも同じ様な生活になると思うので、変な偏見は持たずに、前向きに願書を出した大学の地域に馴染める様努力するのがいいのではないでしょうか。

「積まれた本と、徹夜で調べものをする様子」の写真[モデル:Max_Ezaki]

【物理】重要問題集(物理)

オススメ度:★★★★☆

対象:二次試験で物理を受ける受験生全般

物理選択

物理はセンスがかなり必要である。

物理と数学はかなり相関すると考えている。

数学苦手で、物理もセンスがないなと感じている人はガチで0点になる人がいるので、おとなしく生物選択をすべきと思われる。

物理がセンスだという理由に関してですが、以下、独断と偏見になりますが、自然現象を数式で表現する、というのが物理科目だと思いますが、その過程で得意、不得意が明確に出るからではないでしょうか。そこは、はっきり言って先天的な因子があるので、努力でどうにでもなるものではないでしょう。

逆に物理が得意な人は、難関大学の試験であっても満点を狙える科目である。

 

現に東大理科3類を含めて、医学部に合格している受験生はほとんど物理選択である。

要は、物理と数学が苦手な人は医学部合格には当然不利になるからだと思われる。

勉強法

色々難しいとは思いますが、基本的には物理は満点を取るつもりで勉強すべきである。

物理で勉強する数式の意味が理解できる様なら、数学にかける時間よりも、少ない時間で物理の高得点が取りやすい科目だろう。

要は、コスパがいい科目である。

 実戦物理重要問題集ー物理基礎・物理(2020) [ 数研出版編集部 ]

が全て解ける様になれば、東大や京大以外なら満点を狙える様になると考える。

本書は初級レベルの問題から、難関大学の二次試験の問題レベルまで解ける様に編集されている。

 

私は難問題の系統とその解き方 新装第3版 物理 電磁気・原子 [ 服部嗣雄 ]

、いわゆる難系に一時チャレンジしたが、時間が足りないし、そのレベルについていけなかったので(先天的な因子によると考えている)途中で断念した。

doctor-dokusyo.hatenablog.com

 

重要問題集で十分、東大や京大以外なら難関大でも十分に対応できる。

色々悩まずに重要問題集を信じて、本書を解き続けるのが近道だと思う。

 

物理の勉強法や受験科目としての物理に関しては参考動画を挙げておきます。


【ヨビノリたくみ✖️ドラゴン細井】物理勉強法まとめPart.1【初学者から医学部受験生まで】

【センター世界史】センター試験への道 世界史 問題と解説

オススメ度:★★★★☆

対象:センター世界史を受験する人(特に現役生)

センター世界史は暗記量は膨大であるが、きちんとマスターすれば安定的に高得点が狙える科目である。

doctor-dokusyo.hatenablog.com

センター試験は正誤問題をはじめとして、特徴的な問題が多い。

 

現役高校生にセンター試験への道 世界史 問題と解説 [第8版]

を特に推奨する理由は、世界史や日本史はまだ勉強が進んでいないので、この問題はまだ解くには早い。といった概念が存在しないからである。

要は知っているか、知らないか?だけの問題なので、高校の定期考査の段階から、その出題範囲の問題は解くようにしておけば、その範囲の勉強になるし、センター世界史も早くから取り組めて良いのである。

 

センター試験への道は山川出版が出版しているのでその辺りの安心感も抜群。

定期考査の段階から受験対策が始められるのが社会という科目の特殊な点であり、それを理解して早く受験対策を立てれば立てるほど有利になるだろう。

 

他にも定期考査の際は、出題範囲の部分のこれならわかる!ナビゲーター世界史B(1)

なんかもさらっと読むにはいいだろう。

doctor-dokusyo.hatenablog.com

 

また、文化史に関しては


【印象派とゴッホ偉人伝】前編〜絵画の革命「印象派」の歴史〜

 

に参考になる動画があるので、軽い気持ちで視聴してはいかがだろうか?

印象派ゴッホ

定期考査の時に無理に覚えても、1ヶ月後には忘れるのが関の山だが、この手の動画を視聴しておくと、しばらくは覚えているだろう。

【センター現代文】出口汪現代文「センター国語」講義の実況中継 センター試験

著者:出口汪

オススメ度:★★★☆☆

対象:現代文に苦手意識のある受験生

関連書籍

その他にも出口のシステム現代文 バイブル編(改訂新版)

などのシステム現代文シリーズがある。

 

現代文は国語が得意な人は特に悩みもなく、何となく点が取れる人がいるケースが多い。

苦手な人はどう勉強して良いかがよく分からない、という悩みが多いだろう。

 

著者の出口先生は、現代文をとことん客観して、全ての問題を同じ解き方で記述、マーク、どちらにも対応する解法を編み出して本にしている。

私のイメージでは、出口先生は現代文の解き方のノウハウを作ったパイオニアという印象である。

 

システム現代文シリーズ、もしくは実況中継シリーズのいずれでも良いので、現代文に悩みがある人は一度読んでみるとよいだろう。

どちらのシリーズも書かれている内容はほとんど同じなのでどちらでもよいと思う。

私はセンター試験の現代文の部分で高得点を取りたくて出口シリーズを買い漁った。

ただ、現代文が得意ではなかったので、出口シリーズは非常に分かりやすい本ではあるが、読み込んでも解けないものは解けなかった問題も多数ある。

その辺りは現代文の難しさだろう。

現代文は理系科目と違ってそれほど大きな差が開く科目ではないので、理系の人は理系科目優先でもよいかもしれない。

イメージとしては、現代文の問題を解く際に、

解き方のアプローチの仕方が若干うまくなるかもしれない本

ぐらいに思っておくのが良いだろう。

 

現代文は満点が取れるなどという予備校講師もいるが、現実的にはなかなか難しいだろう。また、現代文はセンスと思う人も多いかもしれないが、個人的には物理や数学と比べたら努力でなんとかなる分野ではあると思う。